観葉植物の水の与え方

観葉植物の育て方の中で最も大切なことは、水やりです。観葉植物を育てる基本なので、しっかりマスターしましょう。
水やりの上手下手が観葉植物の上手な育て方のキーポイントとなりますので、要注意です。
まず基本的なことは、土の表面の乾きで判断しましょう。水やりは、観葉植物を植えている土の表面の乾き具合を確かめてから行ないます。

種類によっては観葉植物の性質に合わせ、乾燥に強い種類のものなどは表土が乾いた次の日に、乾燥に弱い種類のものは表土が乾きかけたら水やりをしましょう。

そして水を与えるときはたっぷりとです。水やりはたっぷりとやる事が基本なのです。どれほどたっぷりとは、鉢の底からきれいな水が出てくるまでです。植物の根は酸素を必要としていますので、水分と酸素を水やりで上手に与える事が根を腐らせないためには重要ですが、与えすぎは根腐れの原因になるので気をつけましょう。

次に、葉水を与えることも大切です。忘れてはならない育て方の、ひとつの作業です。
観葉植物は熱帯地方で生えている植物が多いのです。ということは、高温で湿度の多い地方が原産地であることが多いので、湿度が高いほうが葉も痛みにくく成長も順調になります。

葉水の仕方は、スプレーで葉全体を霧吹きします。葉から離して霧吹き等でシュッシュとやると、多くの種類の葉に優しくて良いでしょう。

そして葉や茎の水洗いも大切な作業です。
観葉植物は光合成を行なっています、葉っぱで日光と二酸化炭素を吸収しているのです。その葉っぱにほこりなどが付いていると、光合成を行う妨げになってしまいます。
水洗いは病害虫を洗い流すといった効果もありますので、 時々戸外でじょうろなどを使い、葉や茎を水洗いしてやりましょう。